プロフィール

hiyo

Author:hiyo
粗忽者。
ハンドル名の由来:勤め先で新人の頃、仲良しの先輩女性社員に凶暴なところが「動物のお○者さん」のひよちゃんにそっくりといわれたことから。

趣味:旅行(^-^)b、読書、鉱物集め、歌う事、香り物集め、星空を眺めること、ダイエット。
最近、茶道、着物等日本文化にも興味を持ちはじめ。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝くじに願いを。

和服に手を染めて2年。
ずっと不便を感じていることがある。
それは、
家のドアノブ。

もともと団地やマンションの洋室のドアノブには
たびたび泣かされてきたのだけれど。

和服を着るようになって、その不便さは倍に。

しばしば、袖をドアノブに引っ掛けるのだ。
おしとやかに振舞えば問題ないんだろうけれど
和服を着るようになったからといって、人間そう直ぐに
立ち居振舞いが綺麗になれるわけではない。

だいたい、日本の座敷にはもともとドアノブなど存在しないのだ。
引き戸に手がかりがあるだけがほとんどではないか。

それに、日本のように狭い住宅事情でドアから飛び出している
突起など、邪魔で不便極まりないと、常々思っていた。

廊下で腰をぶつけてみたり、洋服でさえ、袖を引っ掛けることがある。
丸いのもレバー式も同じである。

いや、そもそも引き戸じゃない扉など、うっかり開けると通りがかりに
人にぶつかったりするじゃないか...



とはいえ、今既にある家の扉を全部引き戸にすることは不可能だ。
せめて、あのドアノブだけどうにかならないか。

ふと、和室の扉を見ると、
出っ張って引っ掛けるタイプのドアノブではない。
和室側の片面だけ出っ張りの少ないスリムな握り手なのだ。
戸襖


これ、両面タイプだったら、すっごく便利じゃね?!

早速、近くのホームセンターから鍵屋、金物屋まで調べてみたところ。
両面タイプはどこにも置いていなかった。
全て片面。
後半面は普通の丸いドアノブか、レバーハンド。
ホームセンターなど、そんなのありませんと冷たく突き放されてしまった。

鍵屋のおっちゃんは親切に探してくれたけど、防火扉用の違うタイプしか
見つからず...扉厚が大きい物用で付けられない。

ネットでも調べてみたが、確かに複数メーカーのカタログには両側タイプが
載っているのだけれど、建具販売のサイトはほとんど
このタイプを扱っていない。

かろうじて、3社ほど見つけたが、
今度は価格が折り合わない。
1セット7,350円もするのだ。

特殊用途で、あまり流通していないらしい。

片面戸襖タイプだと3,000円しないのに...。

両面のほうがパーツ的には安上がりっぽく見えるのに...。

需要と供給の問題か。

この高い両面タイプで家中の室内ドアノブ取り換えたら、

7,350円×5セット+送料520円=37,275円

...高っ。

無理、私の稼ぎじゃ無理。
il||li○| ̄|_il||li

他に、飛行機のトイレなどに着いてるようなタイプで
安いのも見つけたのだけれど、
これは扉に余分な穴あけないとつかないし。
借家では、現状復帰の制約があるからこれもボツ...

結局今のところ、
講じる手立て無く、
相変わらず、袖をドアノブに引っ掛ける日々は続いているのである。

ドアノブ...出っ張ってることに不便を感じる人って
そんなに少ないのかなぁ。

宝くじでも買って臨時収入を狙うしかないか。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。