プロフィール

hiyo

Author:hiyo
粗忽者。
ハンドル名の由来:勤め先で新人の頃、仲良しの先輩女性社員に凶暴なところが「動物のお○者さん」のひよちゃんにそっくりといわれたことから。

趣味:旅行(^-^)b、読書、鉱物集め、歌う事、香り物集め、星空を眺めること、ダイエット。
最近、茶道、着物等日本文化にも興味を持ちはじめ。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

てがみ

今日の日記は、ちょっと感傷的で長いです...
昔の自分への独り言。

昨年
ボーカルレッスンの先生から
この歌、練習してみたら?

渡された

アンジェラ・アキ
「手紙~15歳の君へ~」

ずっと放置していたんだけれど。

この間、ふと思い立って
この歌がおさめられている
アルバムを買った。

ちゃんと聞いたことがなかったんだけれど。

聞いていたら、中学のころを思い出した。

今までの所、
小、中学校が
一番精神的に辛い時代だったと思う。

我が強くて、そのくせ泣き虫で、団体行動が苦手。
無駄に裏打ちのないプライドが高く。
自分勝手な正義感は人一倍強く、空気を読まない。
人の話に耳を傾けることが苦手。
人と考え方が合わず、人と上手くやれなくて
小学校の頃はいじめられ
中学では3年になるまで
一匹狼のアウトローだった。

すさんでて、よく母に言葉であたった。
私がこんななのは母のせいだ、みたいなことを。
ひどい思春期だ。
母はよく耐えてくれたなあ。
当時はそんな有難味なんかわからないから
言いたい放題、やりたい放題だった。
自分が変わらなきゃいけないのに
どうしていいかわからず。
自分を客観的に見ることもできず。
全部人の所為にして。

暗い時代。
普通は夢とか希望とか
持ってるはずなのに
自分はこの先どうなるのかという
不安しかなかった。
自殺を考えたこともあったと思う。
近親が一人病気で他界していたから
さすがにそれは思いとどまったのだけれど。

誰か、都合よく自分をこの状況から
救い出してくれないか
自分を変えてくれないかと
毎日思ってた。

タイムカプセル
なんてのが当時流行って。
書きかけて、止めたっけ。


3年の時に友人ができて
(よく受け入れてくれたなあ)
アウトローが少し緩和されて。

その後
なめてかかった高校受験に失敗して
自宅から遠い私立高校に行ったことで
私の世界は一変した。

別世界、だった。
いろんな人が居て、いろんな考え方があって。
話の合う友人が沢山できた。

結果的に高校受験を失敗したことが
私を大きく変えたのかもしれない。
地元の高校で同じ顔ぶれだったら
苦悩は続いていたと思う。

その後、進学しても就職しても
相変わらず、上手くやれなくて
何度か辛い場面はあったけど
あの頃より
ずっといい。

その後も少しずつは変われたのかもしれない。

それに、今振り返ってみると
かならず辛い場面では
助けてくれる人がいた。
もちろんあの頃の母も含めて。
あの頃は
周りが見えていなかっただけ、だと思う。
私はずっとツイていたんだと思う、本当は。

2001にタイムカプセルの話になった時
歌詞のように過去の自分に
話したいと思った。

ちょっと歌詞のニュアンスとは違うけど。

誰かが何とかしてはくれない。
自分で気がついて変わるしかない。
けど、いろんな出来事や
いろんな人が自分に
いろんなことを教えてくれる
あとは、自分が気がつくかどうか
自分次第なんだって。

それと
今も、自分が何で、どこに向かおうとしてるかなんて
さっぱり見えてこないけど。

今でも、鈍感ではあるし、変われないところも
というか、変われないところがまだたくさんあるけど。

でも、
なんとか生きてるし
人にも恵まれてるし
それなりに楽しいし
なんとかなるよ、
それより勉強しとけよ~と
あの頃の自分に言いたい。
手遅れだけど。

だから、
歌の最後の
「拝啓 この手紙読んでいるあなたが
幸せな事を願います」
のところが
この間のレッスンでうまく歌えなかった。
なんか、感極まっちゃって...
たぶん、自分は今、いろんな問題をかかえつつも
幸せなんだろう。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hiyone.blog72.fc2.com/tb.php/311-ffdad665


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。